湖まち~海まち~山まち Diary

湖まち、海まち、山まちで生きる日々の記録

お正月準備 ゆうやけこやけ 決勝リーグへ

2022年12月2日(金)

昨日は、朔日参りに、鹿島神宮にお参りしました。もう、神宮内は、お正月の準備です。本殿は,令和8年の12年に一度の「御船祭」のための修復で、テントでおおわれています。来年は、テントのままでしょうね。とても、綺麗な装飾の神社です。残念ですね。

ゆうやけこやけ」の曲が、町内に設置してあるスピーカから、鳴っています。夏なら、まだ日が暮れていないので、ああもうPM5:00だなあと感じるのです。でも、今はお日様が落ちて30分もしているので、雨の日では、真っ暗です。この曲、今の季節には合わないなと考えてしまいます。でも「こどもがかえった あとからは まあるいおおきな おつきさま ことりがゆめを みるころは そらにはきんきら きんのほし」とありますので、この曲でいいのでしょう。 

防災放送のチェックのために、放送するようです。

ゆうやけ:太陽が沈むときに空が真っ赤に染まる様子

こやけ:沈んだ太陽に照らされた空がもう一度赤くなる様子

ということです。

AM3:50からW杯を見ていました。これも、退職したからできることです。前半1点、スペインに入ります。なぜか、不思議と、私は落ち着いていましたね。ハーフタイムの間に、愛犬さくらの散歩に出ます。NHKの「らじるらじる」で、放送を聴きながらの散歩です。後半1点入れて同点、すぐにもう1点いれて、逆転です。ラジオでは、決勝ゴールのきわどさは、わかりませんでした。

試合終了後の、真上からのAI判定写真をみて、驚きました。1mmぐらいしか、ライン上にないように見えました。上から見ないと、納得できないプレイです。カタールのスタジアムのAI判定は、すばらしいものです。サッカーの審判は、大きく変わるでしょうね。

最後まであきらめない選手の迫力です。

すぐに、12月5日の決勝戦が始まります。疲れが出てきます。26人全員で、ベスト8入りが、達成されることを祈願いたします。

ストーブの上にやかんを載せておくと、お湯が沸きます。この時期は、日本茶、紅茶の暖かい飲み物にすることにしています。寒い中で、あたたかいものをいただくと、ホッとします。本当の休憩です。

眠いのに、ついつい映画を観てしまいました。ちょっと、とっつきにくい映画でしょうか。

「マザーレス・ブルックリン」

1950年代のニューヨークを舞台に私立探偵が殺人事件の真相を追う物語です。エードワード・ノートンが監督のほか脚本、製作、主演でした。ブルース・ウィルスが出ているので、あまり期待しないで見始めました。ところが、どんどん引き込まれます。JAZZの世界が、広がります。最後まで、一気に見ました。おすすめできる映画です。

 

日が早く落ちる もの思うこと

2022年11月30日(水)

11月30日から12月12日までは、午後4時23分に日が沈みます。一年で一番早く沈む時間だということです。

関西から関東に引っ越してきたので、関西より日が早く沈むように感じていました。

東から暮れていくので、確かに早い時間ですね。午後3:00ごろになると、もう夕暮れだなあと感じてしまいます。家に帰らなくてはとね。

午後9:00は、私には深夜です。

今日で、12月は終わりです。明日からは、12月です。

明日はインフルエンザの予防接種に行きます。4600円です。公費が2000円ですので、自費は2600円です。予約を入れてあります。

インフルエンザは、昨年に続き2回目です。それまでは、接種していませんでした。コロナのために、インフルエンザ接種もするようになりました。コロナの4回目は終了しています。コロナの5回目も、もう少ししたら連絡がきますでしょう。

インフルエンザもコロナも、ワクチンを打つのが、感染しないためには最善の策と考えています。ウオーキングの時はマスクしません。公園で休んでいる時も、マスクはしません。

マスクをしている人を見ると、「もうしなくてはいいのではありませんか」と、声をかけたくなります。でも、コロナ以外のことで、マスクしている人もおられるますから、声かけません。

1mより近くに人がいる場合は、マスクをするようにします。それでいいでしょう。最近、マスクをすると、とても息苦しく感じるようになりました。マスクしなくていい日がいつ来るのかなあ。

明日からは寒くなるとのこと。

石油ストーブにするか、エアコンにするか迷いますね。いまのところは、アラジンの石油ストーブです。厚着をして、寒さに耐えます。ウクライナでは、耐えておられます。私も耐えます。

中国のデモで、白紙を掲げて抗議しています。

「自分は言いたいことがあるが、言うことができない。言論の自由が無い。」この表現ということです。言いたいことが言えない、言うと逮捕される国だということです。

江沢民が死去しました。96歳です。私なら、生きれても90歳までが限界でしょう。

スティーブ・ジョブスは若くして悟っていたことを、私は今からはじめることにします。

「夜には死ぬという前提で毎日を始める」養老孟司氏の「ヒトの壁」より

 

 

 

 

強制隔離 クレーンで食料配布

中国での、ワクチン接種は、どのようになっているのか、知っている人は、教えてください。

いちばん最初に、ワクチン外交を始めてたのは中国です。国内でどのようなワクチン接種を行っているのでしょうか。国民のワクチン接種状況を教えてほしいです。

コロナに関しては、ワクチン接種がなければ、治まらないと言われております。

中国のゼロコロナ政策のための、強制隔離は、感染防げるという根拠があって、なされているのでしょうか。

強制隔離をされた不便は、政府指導部は経験したことはないでしょう。だから、できるのですね。

本当に、感染の状況を隠さないで、教えてほしいです。

いろんなところで、騒動が起きています。政府は、強硬な対応は控えているようです。

私は、いつ天安門のような事件が起こるかもしれないと感じています。でも、騒動を起こしている人々は、天安門事件は知らないでしょうね。33年も前の事件です。中国ではなかったことになっている事件です。

知っていたら、このような行動をしないでしょう。知っていて、行っているのであれば、それは、よほどの我慢できない状況だということでしょう。

それか、習近平体制に不満な、中国内の別の組織が動いているのかもしれません。欧米の外国勢力によるものでは、ないでしょう。だから、強硬な対応を控えているのでしょうか。

どちらにしても、中国の習近平がどのような対応をするか、気になります。

青島市に住んでいる友人に連絡しました。会社は先週の土曜日から休んでいるとのことです。出勤できないのです。中国の従業員、日本からの派遣者もです。市内では大きな問題も起きていないようです。

現状を明らかにすることも必要では、ないのでしょうか。







 

 

 

ちょっと元気のないわたし

2022年11月28日(月)

ゴミ当番の日です。AM6:00までに、集積所にネットを張って、ごみが出せるようにします。まだ暗いのですが、準備しました。

お日様が出ていません。曇りです。

昨日のW杯で、日本はコスタリカに負けました。勝てると考えていただけに、がっくりです。日本もコスタリカも勝ち点3になりました。

大相撲では、茨城県出身の高安が、阿炎に負けました。優勝できると考えていただけに、がっくりです。

スポーツには、勝ち負けがあります。どちらかが、悔しい思いをすることになります。

いちばん悔しいのは、選手です。だからこそサポーターは、負けたときに一番必要なのです。

W杯のサッカー、地区予選を戦い抜いてきた選手たちの闘いは、試合のその日がすべてなんです。優勝何回したから強い、今回も優勝だとは言えないのです。

勝てる試合、勝てない試合はありません。

スタジアムの芝生の上での90分がすべてなんでしょう。

12月2日には、朝早くから起きて、W杯の選手への応援です。

最近パソコンを見ていて、遠くを見ると視界がボケています。これも、元気のない原因のひとつでしょうか。こちらに移り住んで、眼科に行っていません。もう半年以上です。試合のあとに、眼科に行って、診察してもらいます。目薬も切れますからね。

やはり、気弱になっている私ですね。

明日は、週1回のストレッチとトレーニングの日です。スッキリしてきましょう。からだを動かすと、いろんなことから解放されます。

レーニングが週3回ぐらいできるようになれば、ジムに行くのもいいかもしれません。と考えています。

足下で、愛犬さくらがよりそってくれています。ありがとう。

 

サッカーLIVEで興奮 生活のリズム

2022年11月27日(日)

カタールでのW杯が始まって以来、試合を観ることが続いています。

カタールがどこにあるか、調べました。場所を知らなかったのです。

時差は、-6時間ですから、日本時間のPM6時は カタール(ドーハ)では12:00でお昼です。カタールPM9:00は、日本時間は次の日のAM3:00です。

日本でLIVEを見るには、どうしても深夜になります。1試合約2時間ぐらいかかるでしょうか。続けて見ていると4時間。

これでは、生活のリズムが狂いだします。

今年から鹿島アントラーズの試合を、スタジアムで観戦するようになり、LIVEの試合にはまりました。

試合はLIVEが一番です。テレビでもLIVEを観ないと、わくわく感がありません。

LIVEを見て、その後、再放送で解説者の分析を聴きながら、見るのも楽しいです。

23日も、あの場面を見逃がさずに見ていました。同点、逆転。2回椅子から立ち上がり小躍りしていました。

スポーツをあまり見ない私でした。サッカーによって、観客が試合に参加することでの興奮を知りました。

時間を気にしないで、試合を観ることができるのですが、体調は気にしないといけません。すべてをLIVEで観ないで、録画で観ることも考えます。テレビで放映される試合はすべて録画しています。

23日の試合は、録画でも2回観ました。

いよいよ、27日です。観ますよ。

最近身体を動かすことが、とても気持ちいいです。

いきいき教室の講習は終わりましたが、週1回のペースでフォローアップ教室に参加しています。ストレッチと運動で、血液、リンパの流れがよくなり、身体が軽くなります。体調不良の予防改善にはいいようです。姿勢を正す効果もあるようです。

行政で、いろんな運動の講座が設けられています。思い切って参加するのもいいものです。

昨日もノルディックウオーキングの講座に参加しました。正しい姿勢で、どこに注意して歩くかを、教えてもらい、講師の指導もあり、歩数が少なくて、同じ距離を歩けるようになりました。歩幅が大きくなったのです。

残念ながら、雷を伴う雨のために、講習は途中で中止になりました。ぜひ、もう一度、お日様が出ている日に、講習を受けて、参加したみなさんと一緒に、歩く予定だった森の中を、紅葉を楽しみながら歩きたいですね。

 

 

 

 かきね さざんか おちばたき

2022年11月24日(木)

「たきび」の唄が聴こえて来そうです。今は、簡単に焚火ができない世の中です。

私の小さなころは、落ち葉を集めて、焚火をしていました。焚火の白い煙とにおいが、心地よかった時代です。

11月の初めに、花芽のある枝を手折ってきました。

山茶花(さざんか)か椿(つばき)のはずです。山茶花なら、もう開花するはずです。

街路では、山茶花の花が咲いています。

我が家の花枝は、山茶花ではないのかな。椿かもしれない。山茶花は、花弁が散って落ちる。椿は、花首からボトンと落ちる。

今、開花しているのは、山茶花です。木の下に花弁が散って落ちています。

山茶花の開花時期は、10月から12月です。そのあと、12月から4月で椿が開花するそうです。すると、我が家の花枝は、椿でしょう。

「Picture This」アプリでチェックです。椿と判定されました。「Picture This」は、何を判断の基準にしたのかな。まだ、確信を持てません。

花がないなら、葉で判断するのでしょうか。

今なら、山茶花の葉と、椿と思われる葉を比べることはできます。山茶花の葉を、手折ってきて、比較しました。

葉を光にかざして、光の透過の違いを観ます。

中心の葉脈が透明感があり、白っぽいのが椿です。透明感がなくて黒っぽいのが山茶花です。

葉の淵のギザギザが浅いのが椿。深いのが山茶花。これは、見分けが難しいかな。

椿の葉                山茶花の葉

私は、椿が好きです。花首から落ちる縁起が悪いと言われますが、花のまま散ると表現すれば、何ら問題はありません。ものは言い方です。

椿の花は、山茶花のように開きすぎた感がなく、おしべが開放的に広がっていなく、筒状で、とても、おしとやかな花のように感じます。部屋に飾るなら椿です。

注意すべきことがあります。

害虫のチャドクガです。「チャドクガは毛虫である幼虫時代から成虫まで毒を持ち続けます。刺されると『夜も眠れないほど痛痒い』『おかしくなりそうなほどの痒み』ともいわれ、ひどい場合はかゆみが半年も続く」というものです。虫食いの跡があったら要注意です。剪定するときには、肌を見せない格好でしましょう。

11月23日

カタールでのW杯で、ドイツを破り、勝ち点3。日本はよくやりました。前半は、引っかけで、後半が狙いであったのかと思わせる試合でした。素晴らしい。最後まで見ました。半端でない喜びようを見て、うれしかった。奇跡ではないでしょう。チームの力です。

 

 

うそでしょ そんなことする すべりましたね

2022年11月21日(月)

2022年で参議院選挙で、日本維新の会比例代表で8議席を獲得しました。同党公認で比例区 からの候補者26人中、上位にいたこの人物が当選していました。うっかりしました。この人がいたのを確認していたら「日本維新の会」に比例で投票しませんでした。私のミスです。選挙権を無駄にしました。支持者が、数人無くなりそうです。

日本維新の会」も、あきれたものです。その芸能人が、記者に釈明している横で聴いている同党の幹事長がいます。まるで議員の、保護者でしょうか。

参議院文教科学委員会で質疑に立った議員は、質疑応答が終わっていない委員会で、CDを発売します。ぜひ、買ってください。ディナーショーをします。チケット買ってくださいというような話をしたそうです。

どうでもいい、自分だけのことを宣伝したそうです。

委員会が終了して、カメラのない中で宣伝するのは問題なく、いいでしょう。委員の皆さんからも笑いが取れたでしょう。でも、彼はカメラの前で言えば、日本中に宣伝してもらえると、計算したのでしょうか。賢い。

このニュースを放送するたびに、彼の宣伝をしているようなものですから、早急にニュースが流れなくなることを願います。そして話題にしないように、しましょう。

日本維新の会は、この宣伝発言を議事録からの削除を、申し出なくてもいいのではないのでしょうか。このまま残しましょうよ。こんな議員も、同党にはいましたよと、いい記念です。

維新の会も、そろそろダレてきましたか。

日本維新の会は、何らかの処分が彼に必要ではないのでしょうか。厳重注意とはどのような内容でしょうか。

所属事務所は「今年で芸能活動を引退して政治活動に専念するつもりでした。その思いからあの発言になってしまった」と説明しているようですね。

うそ」になりませんように。