湖まち~海まち~山まち Diary

湖まち、海まち、山まちで生きる日々の記録

ボケーとした頭脳で考える

気温が28℃以上、湿度が70%以上の時は、エアコンを入れて、熱中症を予防してください。

よく耳にします。でも、エアコンを入れる高齢者は、どのくらいおられるでしょうか。暑さ、寒さに耐えることを教えられてきた世代です。少しのことは、我慢してしまうのです。

それに、電気代が夏に向かっているのに、上昇します。それなのに、エアコンを入れますでしょうか。無理なことを言いますね。

おそらく、今年も、我慢して熱中症になる方が増えますね。私も、かかってしまうかも。

わかっているから、国は必死に注意喚起をしているのでしょう。弱者に高温手当を出すことぐらい考えたらどうですか。

中国では、夏場になると会社から高温手当てが出るようです。出さないと、政府から責められるようです。

自民党が、支持率を下げています。岸田首相の支持率も下がっています。

国民がしてほしいことを、すぐにやっていない、やり方を変えれば、余計な費用がかからないのにしている、国民の状況に対応していないからでは、ないのでしょうか。

よくやっている首相ですが、的がずれているように思えます。

それと、青木の法則にのっとり、もう首のすげ替えの時期だと言っている、自民党員がいるので、自民党の支持率が落ちるのです。

そんな法則に合わない世の中であることが、理解できていない党員ですと、言っているのと同じです。青木の法則なんて、国民がみんな知ってますか。ニュートンの法則と同レベルの法則ではありませんよ。

自民党がダメなら、他の政党に任せられるのか。そんな政党、ありません。

過去に任せた政党がバラバラになってしまった。政策は、失敗した。このトラウマから抜け出せない、私です。だから、自民党なのです。

自民党も、危なくなってきました。政治家がいないように思えてきました。みんな、お金目当ての政治家に見えてきたのです。

政治家の給料、半分にしましょう。それがいいです。まずは、金目当ての政治家をなくすことです。半分じゃ、まだやりたい人がいますかね。

そんな中で、世界の情勢は、危ないものです。日本は大丈夫なのか。

ミサイル1発、原子力発電所に打ち込まれれば、どうなるのでしょうか。日本の針路を任せられる政治家がいますか。

私の希望は、プーチン習近平さんより、私が長く生きられることです。

彼らが仕掛けていることが、どのように状況になり、結果がどうなったかを、観ていきたいものです。

気温28℃、湿度59%。

エアコンなしで、窓から入る涼風で、過ごしています。汗ばんでいますが、我慢できないほどではありません。

本日、ラッキョをつけました。来年は、梅干しを作ります。

 

サスペンスドラマにはまる

ここ数日、またサスペンスドラマに、はまり込んでいました。

AmazonのPrime会員です。Fire TV Stickを買い、テレビで映画、ドラマを楽しんでいます。

北欧デンマークの刑事ドラマに、はまりました。

「キリング」です。

シーズン1 20話(20時間) 

シーズン2 10話(10時間)

シーズン3 10話(10時間)

30時間を5日間で見ました。一日6時間ぐらいです。こんな時間の使い方をして、後ろめたさを感じなくなりました。ただ、時々体を動かさないと、痛くなる年頃です。

感想は、シーズン1は◎ シーズン2は〇 シーズン3は◎でした。

内容は、観てのお楽しみです。

北欧のドラマ、映画をよく観ます。ハリウッドの映画を観ることが、少なくなりました。北欧の曇り空、雨、朝と夜、これが好きになってきています。

シーズン1を4話まで観ていくと、5話で有料の表示になっています。ここまできて、観ないわけにはいきません。そんなドラマです。

私の思いを見透かしているかのように、「シネフィルWOWOWプラス」の表示が出ていました。「今なら、2か月99円で見られます。」そこで、再度入会しました。すぐに、カレンダーに、2か月になる前の解約日を記入します。それまで、いい作品を探してみることにします。

楽しみですね。

THE KILLING/キリング DVD-BOXI

THE KILLING/キリング DVD-BOXI

  • ソフィー・グローベール
Amazon

少し、連続サスペンスドラマを見ることを控えます。はまり込んでしまうと、他のことが、おろそかになりがちです。やはり、ほどほどにするようにしましょう。

 

24時間営業 必要?

24時間営業の、コンビニも24時間営業できなくなってきているようです。コンビニの自動ドアに貼ってある営業時間が「5:00から24:00」になっています。

「はて?」と考えました。

ここは24時間営業のお店だったはずです。

0:00から5:00まで、働いてくれる人がいないのです。

だから大きく張り紙がしてあるのです。

0:00から5:00までの、アルバイトを募集しています。気になる文章がありました。

「シルバーの方、歓迎」これは、どういうことかな。

シルバーさんで、夜勤できますよということでしょうか。

経営者は、本当にそんなことを考えているのかな。

コンビニの業務は、多種多様な業務があります。PC、タブレットを触ったことが無い人には、大変な作業でしょう。それに、間違ったら、修正するのが大変ででしょう。

業務が、もっとシンプルな作業方法に改善されないと、無理ではないのかと思います。

夜間の業務は一人でしょうか。レジの操作方法、税金等の入金処理、商品の陳列を、シルバーさん一人で、できますでしょうか。

安全はどうでしょう。

深夜作業ですので、本人の健康状態も関係してきます。外部からの、危機にも対応できなことがあります。

深夜勤務のアルバイト料が一番高いですが、非常に体調を崩さないようにするのが、難しいですね。

大都会なら、24時間開けているコンビニでも、お客さんは多いでしょう。でも、この街では、どうでしょうか。多くのコンビニがあり、24時間営業のお店です。そこに、たくさんのお客さんが来るとは思えません。

茨城県には「セイコーマート」というコンビニがあります。

数年前に、北海道旅行の時に見たお店です。北海道だけのコンビニというように、バスガイドさんから聞いていたのですが、この茨城県にもありました。

調べると、茨城と埼玉県だけにあります。

ここの開店時間は、6:00から0:00です。深夜0時から朝6時までは、お休みということです。

営業時間を見て、働く人には優しいお店だなあと、気に入っております。

最初は、「おや、珍しいお店があるなあ、24時間、開いていないのだ。」ということで、立ち寄りました。

商品が、ぎっしり並んでいるコンビニでは、ありません。ゆったりしています。

北海道で買ったものも売っていました。北海道のものを食べたいときには、立ち寄ってみたら、どうでしょうか。

なぜ、茨城に北海道のコンビニあるのか。

大洗と苫小牧の間に、サンフラワーのフェリーが、運航しているからということです。

コンビニは24時間、開いてなくてもいいのではありませんか。お客さんも、開店時間が決められれば、その時間に合わせて、買い物するのではないのでしょうか。

そんなことを、考えています。

 

 

マロウティーを楽しみに

2年目にして、我が家の庭に、お茶にして飲めるハーブの花が咲きました。

名前はマロウ(MALLOW)。紫色の花です。

我が家の庭に咲いているのは、「コモンマロウ」一般的なマロウです。薄紅葵(うすべにあおい)ですね。

花をサラダに添えてもいいですね。食べられます。

私は、乾燥させて、お茶として飲むことにします。熱湯を注いだお茶は、目のさめるようなブルーなるそうです。ここに、レモンの酸味を加えると、明るいピンクに変わるそうです。

このところ、朝になると次々と花開きます。摘み取るのが楽しみです。

こんな生活を今までしたことがありません。いつも、効率を考えていました。今は、のんびりとです。慌てない。

電子レンジで数分かければ、乾燥させられるようです。または、車の中に置いておく人もいるようです。

でも、私は、昔ながら方法で、竹ざるに広げて、部屋の中で数日置き乾燥させるのがいいですね。

お察しのとおり、私は、まだお茶として飲んでいません。今は、毎日開く花を集めて、乾燥させています。

早く、熱湯を注いで、色の変化を見てみたいです。

味はいいのかな。

花のつぼみが、たくさんついています。梅雨に入る前に、摘めるだけ摘むことにします。

競技場から出るのに1時間 不満

本日6月1日に東京国立競技場で、鹿島アントラーズ横浜FMの試合があります。

昨年は観戦しに、東京駅まで高速バスで行き、千駄ヶ谷まで電車で行きました。スムーズな流れで、快適でした。

競技場の周りには、食事する場所は、近くになく、コンビニも数店で、レジが込んでいたので、何も買わず、何も食べないで、会場まで入り込んでしまいました。

会場の中には、いつものスタジアムのように、たくさんの売店がないのです。どこも混んでいます。結局、空腹のまま試合を観ることになりました。

帰りは、座席から出口までの通路は、観戦した人々でいっぱいです。それも、なかなか前には進みません。

出口を、全部開けて置けば、すぐに外に出られて、緑の森が、新鮮な空気が、疲れた観客を癒してくれたでしょう。でも、出口が全部開けていない状況だったので、狭い通路で渋滞です。とても、とても、息苦しい状態でした。

なぜ、全出入り口を開けなかったのでしょうか。何か所も出口が開いていないのを、横目で見ながら、「何で使わない出口を、たくさん作ってあるのですか」「こんな状況を、机の前に座って管理する側の人間は、体験しなさいよ」とつぶやいていました。

東京オリンピックの観客が入っていたら、事故が起こるか、暴動が起こっていたでしょう。

このような体験をした私は、今年は国立競技場での観戦は取りやめました。

国立競技場の環境が、同じ状況だったら、へたり込んでしまうと、考えたからです。高齢者に優しい環境は、みんなにも優しい環境ですよ。

家でDAZNで観戦します。美味しいコーヒーを飲みながら。

どちらが勝つかはわかりませんが、観戦している人には、エキサイティングな試合を見せてください。期待しています。

昨年は、知念さんが、ゴールしました。喜びをまき散らして、走り寄ってくる姿を、目の前で見られて、感動しました。

今回はテレビの画面で、見せてくれるでしょうか。わくわく。

退場の方法で、全部の退場口を開けるようになったら、来年は行きましょう。

 

古本は中古本 古書は絶版本

昨日、古本を引き取りに来てもらいました。義母が残していった本です。義母がいなくなり、家を売るということで、引き取ってきたものです。ごみとして出すのはもったいないと、引き取りました。

でも、前の家から引っ越す前に、納戸と廊下に置いていた書籍、2000冊以上売りました。自分で、梱包して宅急便で送るという作業を、1週間ほどしたのでした。その中には、重い全集があり、大変な重労働でした。

それなのに、今の家に持ち帰ったのです。本棚に入れると、棚板がたわむ程の重さです。結局、床に平置きです。

もう、持ち帰って1年くらいです。積読(つんどく)だけで、本を開けもしませんでした。もう、手放すことにしました。買い取り業者まで送るために、梱包するのもつらいものがあります。メルカリに出しても、手間がかかります。

自宅まで来て、買い取りしてくれる業者に連絡しました。

下取り価格は、ジャスト1万円。前回の経験もあり、まあそんなんもんだと、売ることにしました。

古本でなく古書(絶版になっている本)なら、高く売れたそうです。

この中で、どれが価値があるのかと聞くと、「土門拳写真集」でした。東山魁夷さんのものは、あまりにも多く出版されているから、価値が低いということでした。

義母はすべて、新品で購入していました。東山魁夷さんが好きだったんですね。

新品価格では、全部で20万円近いものが、1万円でした。

前回2千冊以上の本を売った時から、本を買わなくなりました。本は、所有者以外の人には、価値がないのです。

図書館で借りて、この本はそばにおいておきたいなあ、何回も読みたいなあと思えば買うことにしました。図書館の本も、延長できれば1か月ぐらい借りられます。

新品でなく、古本屋か、メルカリで買うことにしています。

引き上げてきたもので、売らなかったものがありました。

義理の母が、四国八十八か所をはじめ、あちこち遍路をして集めた、たくさんの納経帳は、大切に残しました。義理の母を感じることができるからです。

時々、開いて、楽しませてもらうことにします。

今回、借りてきた本は、読みたくて、わくわくしています。

図書館が長期休みになるので、6月28日まで、借りられます。わくわく。わくわく。

 

 

那珂湊(なかみなと)回転ずし メヒカリ

昨日は、早く起きて、愛犬さくらには、お留守番してもらい、那珂湊おさかな市場に、行きましした。

目的は、回転市場回転寿司を食べに行くこと、干物を買うことです。この市場は、土日のお休みには、9:00ごろに到着しないと駐車場がいっぱいになります。11:00 のころには、大渋滞になり、駐車場に入るのに、1時間ぐらいかかります。

市場に寄って買い物をして、保冷容器に入れて、他の観光地を回った方がいいかもしれません。氷は無償ですので、保冷容器は持参するといいでしょう。

回転寿司店の前にあるリストに名前を書いてから、市場を見て回りま回ることにします。9:14ごろに、リストに名前を書きました。14組目でしたね。これで、10:00からの開店から、お店の中でお寿司をいただけることになりました。土日は2階席も開くので、多くの人が店で、開店から店で食べられます。

10:00 の開店と同時に、リストの名前を呼ばれます。手をあげて、入店していきます。呼ばれたときに、いないとキャンセルとみなされます。開店した以降は、お店の前で待つことになるのでしょうか。

ネタはすべて本物。市場のとれたてのネタです。ネタが、大きくて、厚いのには驚きです。ネタによって値段が違います。3人で5720円(税込み)でした。満足です。一人当たり2000円ぐらいですね。海鮮丼は、2000円ぐらいしていたので、回転すしにするか海鮮丼にするか、迷うところです。

お店を見て回ります。お魚は、獲れたままです。ウロコはついているし、内臓は出してありません。カレイ7枚500円、ヒラメ3枚500円、トロ鯖の開き5枚1000円、アジの開き7枚1000円した。

カキも販売しています。私は、どうしても生カキは食べられません。

珍しい魚を見つけました。「メヒカリ」です。NHK水戸放送局の「いば6」の番組中でで紹介されていたのです。

立ち止まり見ていました。お店のおじさんが、私たちがメヒカリを知っていることに、興味を持ってくれました。お魚の説明をくれます。深海魚であること、この時期めったに街のお店では出回らない魚であることなど。傷つきやすい魚なので、扱いに気をつかう魚だそうです。

食べてみましょう。5盛しかありません。1盛、買いました。

おじさんが下処理の方法を実演してくれました。まず、包丁でウロコをとります。胸ヒレと腹ヒレを結ぶ線で切断して、頭を落とします。指で内臓を取り出し、血合いを水で流します。

よく切れる古い包丁だなあと、ほれぼれとして実演を見ていた私でした。

ヒレは、とても鋭く固いので必ず落とすこと。触ると確かに硬いです。あまり泳ぎ回らず、腹ヒレを立てて海底に留まっていることが多い魚だからだそうです。

自宅で、おじさんに教えてもらったようにしました。

包丁は、砥石でよく砥ぎましたので、切れ味最高です。おじさんの包丁のようにはいきませんが、料理は切れる包丁ですべきだと知りました。料理の前に、すこし研ぐことにします。

片栗粉をまぶして、から揚げにして、レモンと塩、マヨネーズで食べました。淡白で、ふわりとした柔らさがありました。

揚げているときに、かき混ぜないことと言われていました。皮が薄いので、壊れてしまうからだそうでした。お教え通りに揚げて、うまくできました。ありがとうございます。

お魚は、すべてさばいて、冷凍しました。干物も冷凍にしました。

干物を市場で買ってくると、街のお店の干物が高く思えて、買えません。いろんな手数がかかっていますから、仕方ないのですが。

那珂湊おさかな市場まで、道がすいていれば1時間。

市場方面まで行く用事があれば、朝早く出かけましょう。

お魚の下処理したので、本日、お魚の匂いが少し残っています。明日、ごみを出す日ですので、しばらく我慢しましょう。